海鮮ギフトの体験談

海産物では干物が日常素材

投稿日:

夕食の献立には味もよくてお値段も程々、用意するにも時短クッキングでいいという干物など海産物は献立の便利アイテム。3枚におろして半身ずつのサバや白身の漬け魚は日常的な素材、宅配のカタログやネット検索で見ると風味のよい干物にも数種類が載ってます。

日常アイテム素材ではサバのミリン干しや陽ざしと自然の風、天日で干した干物もあるし、遠赤外線で干し上げたアジの文化干しというのも。味とか風味で言うとミリン干しも天日で干したサバやほっけもうま味がいい、今頃の季節では

 

ボリューム感のあるサバは脂のノリが少ないので輸入ものでノルウェー産がいいようです。


サバだと灰干しの商品が宅配カタログにありこれも天日干しや文化干しの様によい味がします。味のランクで言うとどれも同じ、日常素材としてはまずまずでしょう、干さずに切り身ならばお魚でも揚げ物とか煮物にします。

生鮮品だけに漁獲して購入するまでのプロセスがよい味かどうかのポイント。どの商品も値段が高いからよいとは限らず、数種類を購入しながら定番素材を選ぶといいです。

-海鮮ギフトの体験談

Copyright© かにギフト|冬の味覚のかにはお歳暮ギフトに最適! , 2018 All Rights Reserved.